独り言ニュース » 精霊流し » 

起こって当たり前?精霊流しの船が全焼した事件に世間は冷たかった

読了までの目安時間:約 3分

15日午後6時45分ごろ、長崎市銅座町で、長崎のお盆の伝統行事「精霊(しょうろう)流し」の精霊船が全焼する火災があった。長崎県警によると、船の持ち主の男性(63)が腕にやけどを負い、病院に運ばれたが、命に別条はないという。船は長さ10メートルほどで、火柱と黒煙が高さ15メートルほどまで上がった。船を引いていた人によると、仕掛けていた花火が船に燃え移ったという。
【動画】炎を上げて燃える精霊船=力丸祥子撮影
長崎の精霊流しでは、花火や爆竹を鳴らしながら、街中を精霊船を引いて練り歩く。

 

 

 

2015y08m16d_100119259

 

世間の反応

先祖を送るんだからこれくらい派手にいかないと

 

実際に観に行ってみればわかるけど、こういう火事が起こりえるような爆竹の鳴らし方だからね。箱ごと爆竹ならして黒煙や火柱あがるまでやったり、沿道の歩行者にさえ投げつけてくる。

 

昔は最終的には広場で集めて燃やしてたんだけどいまはしないしねぇ…来年から花火が一層規制されなきゃいんだけど

 

本気出しちゃったね

 

うわあ…しかし、確かにこういう事故が起こらないとは言えないだろうな。神と木の船の周りで花火と爆竹焚くんだもん。今まで、祖父母(と、飼い犬)の船を流した。あの華やかさがホントつらいんだ。

 

えー珍しいな、船の持ち主は災難だったな

 

観光通りでとか((((;゜Д゜)))被害が拡大しなくて良かった(。>д<)

 

事故なのか、こういう行事なのか、観光客にはわかりづらかったでしょうね・・・

 

お盆はせっかく飢餓地獄から迎えた先祖の霊とはいえ、いつまでも家にいてもらっては困るので、3日後に送り火や灯篭流し等で地獄に追い返し、また来年3日間迎えるという、先祖を侮辱する不敬行為である。

 

アツーウィ!アツー、アツーェ!
すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ!
熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!」

 

さだ研OBとしては、この「精霊流し」のニュースにどう反応すれば良いのか。

 

これって観光通りのとこの電車走ってるところだよね

 

規模こそ違えどお隣さんのこと笑ってられないなぁ

 

呑気な話のようでもあり、不吉でもあり→→精霊流しの船が全焼

カテゴリ
カレンダー
2017年3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リンク集
RSS
eCruiserに追加
タグクラウド