独り言ニュース » ドローン » 

後追いしか出来ないソニー、ドローン関連事業に世間は冷たい反応www

読了までの目安時間:約 10分

ソニーは24日、子会社を通じて参入する小型無人飛行機「ドローン」関連事業の概要を発表した。自動化したドローンで計測したデータを企業に提供する。ドローンをめぐっては、関連市場の拡大観測が高まる中、大手企業の参入が目立っている。ソニーがインターネット上にデータを保存するクラウドやセンサーの技術と組み合わせるように、自社の強みとドローンとの相乗効果を模索する動きが強まりそうだ。
スマートフォン事業を手掛けるソニーモバイルコミュニケーションズが50・005%、自動運転ベンチャーのZMPが残りを出資し、3日に合弁会社エアロセンス(東京)を設立した。
飛行だけでなく離着陸や撮影までを自動で行うのが特徴で、データをクラウド上に保存して提供する。建築や土木、農業などの分野を想定しており、社長に就任したZMPの谷口恒社長は「まず大手のデベロッパーやゼネコンに対し、施工管理に使えるサービスを提供する」と強調した。
今年度にドローンを100台程度量産し、来年前半からサービスを提供する。谷口社長は「平成32年に100億円を超える事業規模にしたい」と述べた。
ドローン関連ビジネスは、大学発ベンチャーなど比較的小規模な企業が市場を開拓してきた。後発となる大手は差別化が重要になる。
ソニーモバイルの十時裕樹社長は、「ソニーのカメラやセンサー、クラウドなどと(ドローンを)融合させ、新たな価値を作り出したい」と述べた。自動化による安全性や低コストも打ち出していく考え。
2月からドローンを使った新サービスを始めたのがコマツだ。米ベンチャー製のドローンによる測量で工事現場の3次元図を作成するとともに、コマツが2次元の完成図を3次元化。現状と施工後のデータを提供し、建機の顧客である建設・土木会社が施工範囲や土量などを正確に把握できるようにした。
また、首相官邸への侵入事件などを受け、OKIは6月から空中音響技術を使ったドローン探知システムを販売している。
セコムは5月の見本市で、民間防犯用として日本初となる自律型「小型飛行監視ロボット」を出展。今国会で審議中の規制法案成立後にサービスを始める方針だ。法案が成立すれば「規制されない部分」が明確になり、市場拡大に弾みがつくとの見方もある。

 

世間の反応

近いうちに空を見上げると
いたる所でドローンが飛んでるのかな。
それまでに規律、法律がしっかりしてれば良いが…。

 

でも、ぜんぜんワクワクしないのは、なぜだろう?

 

最近のソニーは、まねごとが多いなあ。

 

今日のような台風の日には使えないよな、なんて思いながら読んだ記事。

 

はじめて送信 将来の戦争はすべて無人の武器によるものでしょう。「無人歩兵」の面白いアイデアがあります。自力で海を渡り、上陸し、地上を走ります。

 

プロペラ4枚のアイディアなんて昔からあっただろうに、どういう技術革新があってこんなにもてはやされるようになったのかが全然分かってないです私は。

 

ドローンなんて、一般的にはあまり知られていなかったが、今年4月の首相官邸への侵入以後、よく目にするようになった。
あれは、いい宣伝になっているのだろうw

 

個人向けにはリスクが非常に高く感じますが、企業向けであればなんとかなりますかね。
施工管理としては当然自分の目で見ることが重要でしょうが、大規模現場の進捗状況把握にはいいのかなぁと思ったりもします。違う目線から俯瞰してみられるのは良いと思いますので。

対規模農地の確認にも良いのかなとは思いますが、日本の場合はこの機器を使うほどの農地がどれだけあるのだろうという気もしますね。工場等も含め簡易的な警備システムとしても使えるかもとは思いますが。

後は安全性ですね。飛行出来なくなってしまえばただ落ちるだけ。いくら公共の場所で無かったとしても人に当たれば労働災害になってしまいますので。

 

「ドローン撃ち落とした」「ドローン捕まえた」

っていう動画がアップされそう

 

ドローンを扱うものは絶対に免許を
取得させ、機体も登録制にするべき。
ドローンが増える事によって、
盗撮等の肖像権の問題や、
落下による被害の問題が
山のように出てくるのは
時間の問題だと思うから、

 

ソニーの技術が集まれば間違いなく世界最高水準のドローンに
成る事は予想が付くね。

「後から出発して1番を取るソニー」

今回も例外ではないだろう。
ただ軍事面への協力だけは避けて欲しい。

 

>OKIは6月から空中音響技術を使った
>ドローン探知システムを販売している。

これはかなりの需要がありそうです

 

騒ぎになる前にドローンを買ったけど飛ばしずらい

 

デザイン気味悪くないか?

 

ドローンはこれから規制の対象になるし、それほど数がこなせるとは思えない。そこら辺に飛んでたらイヤになるよ。
プレステといい、これもそうだけど、二番煎じばっかじゃん

 

後追いばかりしているSONYの未来は、暗いなぁ・・・。

 

のぞきドローンを撃ち落す装置は需要ありそう。

 

ソニーのドローンって響きがカジュアルすぎてなんだか不安を煽るんだがw

 

ソニーの物はもう信用できない
ソニータイマーの名は伊達じゃない。

 

信用を落とさなければよいが。

 

先駆者にならなきゃダメだよ。

他人の土俵に忍び込んで行く感がハンパない。

もっとプライドを持ってくれよ、ソニー。

 

報道を見ると、何らかの問題で口にできないみたいだけど、
将来的に自動操縦で人間の交通手段にすることを想定してるように見える。

 

ドローンも登録制にして対人対物保険を必須にすればいいと思うけどね。

 

シリアルNo付きで販売時に所有者登録をしてほしい。

そのうち空から落ちてきて、当て逃げされるのも近いと思う。

現状ではだれの物か特定はできないですよね。請求先が分からない。

 

やっぱり後追いだしなぁ。まぁ、大会社だから、仕方がないんだろうけど。ゼネコン云々とか、言ってるけど、今のドローンって、大体、カスタマイズ可能なものが殆どだし、安いもので本当は転用できてしまうっていうか、何でも出来てしまうってのが正直なところなんだろな。それだけ、起業するのに敷居が低くなったってことだろうな。これは、BtoBの教科書の模範解答みたいなケースで、やっぱりわくわく感がないよな。

そういう意味ではクラウドファンでぃングで若い子がドローン開発を目的に資金を募っている方を応援したくなるってのが現実だな。(ドローン欲しくないから買わないけど・・・買う人からしてみればの話しだけれど、)

 

ドローンを何と組み合わせるかが重要、自動車、船あたりがとりあえず面白い。

 

日本企業もすっかり他社の尻を追いかけるばかりになったね。数年後に赤字撤退でしょう。

 

今更?
何でも遅すぎ。

もうシェアはとれないよ。また赤字増やすの?

 

そのデータを下に巨大なオープンワールドゲームでも作ってくれ。

 

まあトレンド便乗は企業実績上仕方ないかな。

 

ソニーが手を出すということは、ドローンも、そろそろオワコンか^^

 

こないだの西ノ島のNHK特集。
ヤマハの無人機操縦者の手動操縦の腕前に感心したが、いつまでも
個人技や名人芸に頼ってちゃイカンだろ。

ナンとか狭く立て込んだ場所・・・結構強い風速の中でも安全に
機体を回収する方法を考えてくれないかなぁ・・・SONYの力で。

 

中国勢がかなり先行している。
ホビー用からプロ仕様までそろっている。

後追いの日本勢は厳しいだろう!!

 

> ソニーモバイルの十時裕樹社長は、「ソニーのカメラやセンサー、クラウドなどと(ドローンを)融合させ、新たな価値を作り出したい」と述べた。自動化による安全性や低コストも打ち出していく考え

願望だけが先走っていて、
具体的なビジョンは、まだ見えていないみたいだな。

 

たった100億の売り上げじゃ焼け石に水!

カテゴリ
カレンダー
2017年3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リンク集
RSS
eCruiserに追加
タグクラウド