独り言ニュース » 歴史 » 

歴史が覆る?奈良に階段ピラミッド型古墳が発見される

読了までの目安時間:約 6分


 

「まるで階段ピラミッド」。奈良県明日香村の都塚古墳(6世紀後半ごろ)が5段以上の階段状に築かれた一辺40メートル超の大型方墳と分かり、専門家から驚きの声が上がった。飛鳥時代(7世紀)が幕を開ける直前の6世紀後半、一体誰が、何のためにこのような前代未聞の古墳を造ったのか。3人の大王(天皇)の外祖父となった蘇我稲目(いなめ)(?~570年)らを巡って被葬者論が熱を帯びている。

【ピラミッド形の大型方墳 蘇我稲目の墓か】

 元旦に金の鳥が鳴くという「金鳥塚」の異名を持つ都塚古墳。巨大な石室の中に豪華な家形石棺があることは分かっていたが、一辺30メートル程度で、段差はあっても3段とみられていた。発掘調査している明日香村教委の西光慎治・文化財課調整員は「墳丘をできるだけ高く築くために、急傾斜になっても崩れないよう階段構造にしたのではないか」と推測する。

 都塚古墳があるのは、飛鳥の中心部から南東に飛鳥川をさかのぼった標高約150メートルの傾斜地。7世紀前半、権勢を誇った蘇我馬子(稲目の子)の墓とみられている石舞台古墳が近くにある。墳丘上部が失われているが、こちらも方墳だ。米田文孝・関西大教授(考古学)は「下から見上げると石の山のようだっただろう。後に営まれた飛鳥の宮から、西日に映えて、石舞台とともにピラミッドのように見えたのではないか」と威容を想像する。

 稲目の娘を母とする3人の天皇の陵は方墳で築かれ、方墳は蘇我氏のシンボルとされてきた。白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥博物館長(考古学)によると、都塚古墳の石棺の形は6世紀第3四半期で、稲目の時期にぴったりだが、石室は6世紀末~7世紀初めの新しい形という。「6世紀後半まで有力者は前方後円墳に葬られた。都塚の被葬者は蘇我氏の有力者だろうが、前方後円墳の時代になぜこれだけが方墳なのか」と頭を悩ませる。

 稲目は朝鮮半島の百済から伝わった仏教を積極的に取り入れようとした。千田稔・奈良県立図書情報館長(歴史地理学)は階段状の墳丘に注目し、「仏教思想で世界の中心にあるという須弥山(しゅみせん)を表し、稲目がそこに葬られたいと思ったのではないか」と推測する。

 同じく稲目説の猪熊兼勝・京都橘大名誉教授(考古学)は、4~5世紀に朝鮮半島の高句麗で造られた階段状の積み石方墳との類似を指摘する。都塚とは時代が隔たっているが、稲目の父の名が「高麗(こま)」であることなど、高句麗とのつながりがあったと考える。

 ただし、文献からは稲目の時代の蘇我氏の根拠地は奈良県橿原市大軽町付近と考えられている。そこにある奈良盆地最大の前方後円墳、五条野丸山古墳(全長318メートル)を稲目の墓とする和田萃(あつむ)・京都教育大名誉教授(古代史)は都塚の被葬者を「百済などからやってきた渡来系の人物」とみて、稲目説に反論している。【矢追健介】

 

 

世間の反応

まだまだ、面白そうなことはたくさんありますね。

 

 

歴史ロマンは永遠なり...

 

 

もっと大型のものがあると思うけど。大きすぎるとただの山に見える。でも地図上で見るとピラミッド型の等高線の山が沢山ある。
研究者はデカイから違うという固定観念があるみたい?

もし日本にクフ王のピラミッドがあれば、木が生えてただの山に見える?

 

 

古代史は、色々な説があって、日本史の教科書にかかれていることがひっくり返るような説もあるようです。新たな新事実がうかびあがってくることに期待しましょう。

 

 

古代はやはりロマンに満ちてて興味深い。個人的には土偶や埴輪に興味があります。セミナーでも、もっと古代のことを語っていこうかな。

 

 

終末期古墳に巨大方墳が見られるのは、わが千葉県でも例があるが、
5段段以上の階段状に築かれた、となると例がない。他地域の終末期
大型方墳との関係性はどうなのか、これから明らかになってくるだろう。

 

 

放射性炭素年代測定はしたのでしょうね。日本の歴史学会は毛沢東ガイドラインに従っているそうですので、半信半疑です。

 

 

確かに歴史=ロマンですね。 ぜひ解明してほしい謎です。

 

 

タイムマシンに乗って、お尋ねしたい。

 

 

久々に和田先生の名前が見れたー(^。^) やはり朝鮮半島系の墓ですね、百済か高句麗か?大和政権が朝鮮半島系の民族の集合政権である、証拠が見つかるかも!絶対、公表せえへんだろうけど(笑)

 

 

私は大王家も、渡来系子孫であると考察しています

 

 

奈良は面白いなぁ。解明されてないものってワクワクする。

 

 

なにこれ気になりすぎる

 

 

近所に古墳がある暮らしってちょっと憧れる・・・。

 

 

これは見てみたいなぁ…

 

 

蘇我稲目の稲目とはホルスの目(古代エジプトのシンボル)のことだったのだよ!

 

 

明日香村の都塚古墳☆石舞台古墳の近くだし、やはり蘇我一族の誰かのお墓なのか?あぁ、明日香。行きたい!

 

 

飛鳥=明日香=アスカ文明と切り離して考えることはできない!

 

 

うん、古代史のロマン・・・

 

 

こういうのロマンがあって良いよね

カテゴリ
カレンダー
2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
リンク集
RSS
eCruiserに追加
タグクラウド