独り言ニュース » 電気製品 » 

赤字垂れ流しのソニーも頑張ってるじゃないか!青色LED産業の可能性

読了までの目安時間:約 18分


10月7日、青色発光ダイオード(以下、青色LED)の開発で、赤崎勇名城大終身教授、天野浩名古屋大教授、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の3氏がノーベル物理学賞を受賞し、日本中が沸き立っている。3人の業績は多くのメディアで報道されているので、ここでは産業としての青色発光ダイオードに焦点を当ててみよう。

【詳細画像または表】

 科学技術が急速に発展した今日、ノーベル賞(特に物理学賞)は素人にはチンプンカンプンな基礎研究に与えられる傾向があった。20世紀初頭にまで時計を戻すと、ノーベル賞が与えられたアンモニアの合成法は、そのおかげで窒素肥料が合成できるようになり、農業生産の飛躍的増大に貢献し、化学産業を勃興させた。ペニシリン発見は抗生物質を生み、人類を化膿から救いだして、製薬産業を発展させた。青色LEDもすでに実用化・産業化されており、だれにでもその社会的、産業的価値が分かりやすい。

● 青色LEDの革新性は「白」にあり

 LED(発光ダイオード)とは、電圧を加えると発光する半導体素子のこと。赤色LED、緑色LEDはすでに開発されていたが、青色LEDの実現は20世紀中は難しいと言われるほど、その開発は困難を極めていた。その中で、赤崎、天野両氏が青色LEDの原理を解明し、中村氏が量産技術を確立した。

 青色LEDは、「青」そのものとして使われるより、実は 圧倒的に「白」に使われている。青LEDの周囲を蛍光色素で囲むと、青い光は黄色い光に変換される。青の光と黄色の光のミックスで白色光となる。

 1996年に開発された白色LEDの2大用途は、照明とディスプレイ(TV)で、白色LEDの誕生が両者の世界を大きく変えた。ただ、白色LEDは、ほとんど照明としてのみ使われており、ディスプレイを変えたと言われるのに、ディスプレイそのものとしては使われてない。

 どういうことか。液晶バックライトという言葉を聞いたことがあるだろうか。バックライトというのは、カラー液晶ディスプレイ(TV)において、「のっぺらな、単なる白色光を背後から出しているライト」のことである。ここに白色LEDを使う。最初は 携帯電話用の中小型液晶画面のバックライトとして普及した。すぐれた省電力性と、小型化のためだ。次いで、大型液晶TV等のバックライトにも広がった。サムスンカラー液晶TVが有名である。

 ただしカラー液晶ディスプレイは 白色LEDによって初めて実現したわけでない。LEDバックライトが普及する前からカラー液晶ディスプレイは広がっていた。当時のバックライトは冷陰極管という特殊で高価な、一種の蛍光管が使用されていた。それを置き換えたのが白色LEDなのだ。

 このように、白色LEDは、カラー液晶ディスプレイのバックライトというかたちで、携帯(スマホ)からTVまで、各種ディスプレイに用いられている。カラー液晶ディスプレイ(TV)の急成長とともに、バックライトとしての需要も爆発的に増えたが、市場の成熟化からバックライトとしての成長率は鈍化している。

● 一般照明分野で革命といわれるワケ

 他方、一般照明の分野では、蛍光灯や白熱球ランプ(ガラス管+気体照明)からLED照明(固体照明)へと、基本原理が全く異なる光源の登場を意味する。照明における歴史的大転換と言われ、スウェーデン王立科学アカデミーが、ノーベル賞の授与理由で、「彼らの発明は光の技術を根本的に変え、世界を一変させた。20世紀は白熱電球で照らされた時代だったが、21世紀はLEDのランプで照らされる時代となるだろう」と、称賛した所以でもある。

 LED照明には長寿命、省電力、加えて水銀など有害物質を使用する必要がないという特徴がある。一言で言えば、環境に優しいのだ。

 矢野経済研究所の調査によれば、日本国内の一般照明の市場の規模は2012年で1兆264億円、うちLED照明は195%増の4204億円に達する。2011年の東日本大震災以降の省エネ意識の高まりもあり、急速に普及が進んできた。これに対して、世界の一般照明の市場の規模は13年で約10兆円と言われているが、LED照明への代替はそれほど進んでいない。

一般照明に占めるLED比率は、日本が5割超なのに対して、世界平均で3割弱という推計もある。新興国や発展途上国の人々にとっては、LED照明はまだ高嶺の花。ただ、逆に言えば、それだけ市場開拓の余地が大きいとも言える。

● 産業構造にも大きな変化

 従来のガラス管+気体を含むランプ(白熱電球や蛍光管)からLED照明(固体照明)への移行は、産業構造にも大きな変化を及ぼしている。従来のランプは破損しやすく、輸出が難しいため、地場ごとのサプライヤー(ないし直接投資による現地工場)が成り立ちやすかった。こうした製品の特徴から、グローバルなメーカーは、しばしば現地会社にライセンス供与してフィーを得る「ライセンス商売」をしていた。

 しかしLEDは固体であるため、破損は少なく、輸出が容易だ。したがって、ライセンス商売よりは、先導的デバイスメーカーが世界数ヵ所で集中生産して、グローバルに輸出する態勢となっているのが特徴だ。

 照明産業を例にとると、関連企業はLEDの「石」(極小の粒で「ダイ」と呼ばれる。発光素子そのもの)を生産するダイメーカーと、ランプ・照明を生産する組み立てメーカーに大別できる。ダイメーカーでは世界1、2位を、米国のクリー社とかつて中村氏を擁した日亜化学工業が占め、韓国のサムスンLED、ドイツのオスラム・オプト・セミコンダクターズ、赤崎氏らの技術的流れをくむ豊田合成などがその後を追う。

 一方、LED照明は、ダイメーカーからLEDチップを購入し、ガラスカバーを付けたり、口金をつけたりして、電気ソケットに差込めるようにすれば製品化できるので、参入障壁が低く、新規参入者が相次いで、多くのメーカーが乱立している状態だ。国内だけ見ても、パナソニックと東芝ライテックが1位、2位を占めるほかは、岩崎電気、遠藤照明、アイリスオーヤマなどが、数パーセントずつのシェアで争っている。

● ここでも忍び寄る韓中の足音

 今後の展開はどうか。ダイメーカーの、「国内立地モデル」(国内生産→輸出)は次第に苦しくなるだろう。なぜなら、サムスンだけでなく、中国勢の追い上げが急だからだ。発光効率や耐久期間や色味など質の面では劣るとはいえ、安いチップなら中国勢でも生産可能だ。すでに豊田合成などは、主に台湾メーカー等へのライセンス商売にかなり傾斜していると見られている。

 LEDの用途は、医療(治療・検査・消毒)用、農業用などに広がっているが、メディアや一部の調査会社が騒ぐほどの「スピード」では広がっていない。日本のメーカーがDRAMの二の舞にならないためには、設備投資の規模・タイミング、マーケティングなど「戦略」のよろしきを得ること、新たな用途の開拓という地道な作業が必要だ。産業レベルでは、ノーベル賞受賞に浮いてばかりはいられないのである。



世間の反応

もうかれこれ20数年前に学生だった頃は、電子工学やってたのでよくアキバのパーツ屋めぐりしてましたが、大概は”こんな高いもの何に使うんだよ?”っていう話がほとんどでした。それが今や照明に使われるようになるとは・・・。
それに、社会人になってからも、LEDって輝度の問題があって特に昼間なんかの視認性の問題があってなかなか普及が進まない現状を見てきたものとしては、技術の進歩ってすごいなあって実感してます。それが、日本人が大きく貢献してるなんて嬉しい話です。

 

 

光の三原色をカバーして白色を出せるようになったのが大きい。
信号機に使えるようになって照明を全てLEDにすれば
超電導化に匹敵する低ロスになるんではないだろうか。
やはり革命的発明でしょう。

 

 

20数年前に青色LEDが発売され始めたころ、私も学生でX68000XVIのLEDを青にして高級感があると満足していました。懐かしい~

 

 

良いんだけど、ノイズ出すんだよね。発振してるんだから。
て言いながら我が家は、蛍光灯とLED照明だけになりました。
5年前から。

 

 

LEDって原理的に故障は無いのに、基板が熱にやられて、寿命が極端に縮むと聞いた時は、そう簡単にいかないもんだなと。
中村さんもかつて、極小のLEDの組み合わせでテレビが作れると、地元紙で息巻いていた時期もあったし。
ディスプレーは結局値段や効率化で液晶優位は変わらなかった。

技術や寿命が素晴らしくても、コストや手間が最後に左右するんだなと、最近は思うようになった。
有機ELが注目されながら消えている現状の中、LEDはよく活路を見いだしたと。

 

 

基板とか、ほかの周辺の電子パーツが先に故障して、結局それにつられてLEDも交換対象になってしまいますね。
理論と実践は違うものですね。

 

 

青色発光ダイオードが、産業界に多大な貢献をしたのは事実ですが、青色発光ダイオードの光を直視し続けると、目に悪影響を及ぼすことがわかっている。今後さらに詳しい調査結果が出ると思う。いつの時代も技術革新から何年も経ってから人体への影響が明るみに出る。

 

 

基板が痛むってよりも、コンデンサが安物使ってる方が
時期が来れば寿命になって、修理するよりも回転率が良くなるからですよね。

電源のコンデンサ交換で、どれだけの液晶ディスプレイが救われるかと思うと修理がいいって思うけど…
技術料にちょいとプラスしてやれば新品が来るので、結局は買い替えですもんね^^;

 

 

トーシロからすると,たぶん「なんで青色LEDと黄色で白になるんだ?」という話じゃないかと思う。「光の三原色で,黄色は赤と緑を混ぜた色でしょ」って一言加えれば納得するはずなんだけど。
それと,ノーベル賞発表者も勘違いしていたが,三原色発光に使える緑色LEDは青色LEDより後の発売だ。それまで存在していた緑色LEDは波長的に三原色の緑には不適(黄緑だから)。青ができたから,エネルギーギャップを減らす方向に配合したもので本当の緑ができた。これも重要なことだと思うのだが・・・

この市場も当然中韓に追い上げを食う分野。確かSonyが開発していたと思うが,有機ELではなくLEDで小型のモニターをやすく作れるようになったら,高速応答性も相まって良い製品ができるのではないだろうか。有機ELの素材がLEDより高分子である限り,分子が壊れやすいのは避けられない。やはりLEDが本命じゃないかな。

 

 

本物のトーシロは「光の三原色を混ぜると白になる」ということ自体知らないから納得できるわけがない

 

 

>それまで存在していた緑色LEDは波長的に三原色の緑には不適(黄緑だから)
>青ができたから,エネルギーギャップを減らす方向に配合したもので本当の緑ができた

たしかに駅の発車案内見ると、黄緑と本当の緑が混在してることがある。
おそらく種別などの表示で『緑色』にこだわる場所は本当の緑を使い、それ以外はコストの安い従来型の黄緑を使っているかと。

 

 

白を表示するんじゃなくて「赤,緑,?」とか色を混ぜないなら,青色以前のLEDで十分なんだよね。特急車両の正面のパネルとかがこれかな。白を出す時にはどうしてもあの濃く見える緑じゃないとだめでしょう。最近の電車の側面の行き先案内板はこっちかな。

そういやあ,信号の「青」は,白熱電球の時の色に倣って青緑を使ってるな。いろいろ苦労してるな。

 

 

>確かSonyが開発していたと思うが,有機ELではなくLEDで小型のモニターをやすく作れるようになったら,高速応答性も相まって良い製品ができるのではないだろうか。

ソニーのCrystal LEDによるモニターは画期的ですね。
視野角は180度(!)だし、高コントラストで色域もワイドで正確。薄型化もしやすいらしいから、まさに次世代の本命かもしれない。
この技術で韓国メーカーを出し抜いてもらいたいものだ。

 

 

すごいの一言
おめでとうございます!

きっと研究者たちはあと一歩のところでつまづくかたも多いと思います。
バトンをつなぐように新技術を見つけられたこと
すばらしいです。

青が出来る以前の
赤と緑のLED
なるほどと思いました。
たしかに最近の電化製品には青が多いような
古い車などのメーターも赤とか緑が主流でしたよね
なるほど~

 

 

日本は品質で勝負できるはず。
長い目で見るとやはり日本製だ、みたいになると思うよ。

 

 

白色LED、10数年前はまだ結構な値段がしました。
しかし、蛍光灯みたいな色に出来るので100個3200円で秋葉原でまとめ買いしておりましたが、同じ製品が最終的には2?00円で買えるようになり、購入するたびに生産コストが下がってきているんだなってことを実感したものでした。
昔は一個数百円だった青色LEDも、今じゃ100均に使われるようになりましたね。

 

 

白色LEDは、青色LEDがもとだなんてニュースになるまで知らなかった。別に白色のものがあると思っていたから。
白熱電球よりも高価な理由に納得できる。

 

 

1990年ごろには白色だけ表示できるLED(のようなもの?)があった。甲子園や東京ドームのスコアボードも白色ブラウン管により白色表示が可能だった。
しかし、現在の白色LEDに比べると、素子を小形化できず、解像度にも限界があった。現在は甲子園も東京ドームもフルカラーLEDに換装され、カラー表示が可能になったと同時に、解像度も飛躍的に上がった。

 

 

家の水槽の照明にLEDを使っている。
植物を育てているのだが今のところ蛍光灯の方が格段に成長が良い。
人の目には明るく見えても育てるには周波数が違うらしい。

電気代に惹かれて購入したのだが少し不満もある。
この先技術発展によって補うことが出来れば助かるのだが。

 

 

ノーベル賞の授与は、新技術の発見に対して即応的に送られるものではなく、過去において発見された技術を、一定の時間が経過してから評価される賞である。
注目されていなかったら、ノーベル賞候補にすら、なりえないんだけど、この点を理解していない人が多いから、いまさら「注目されている」とか「今後の可能性」とか、寝ぼけたことを言う人が後を絶たない。

 

 

技術開発としては革命的だ
同時に生産を容易にしてしまう。
そうなれば人海戦術でコスト戦略を取れる企業が勝つ。
LEDでは将来的には日本は戦えなくなるだろうね、他と一緒のように

可能性があったのは開発後の早期に世界打って出てシェアを獲得、その後にファンドや他企業に売り払うぐらいだろう、利益が出たのは

 

 

>中村氏が量産技術を確立した。
しれっと嘘なんだよなぁこれ
量産化に必要なアニールp型化現象の特許は中村さんは持ってない
日亜化学工業の研究部署に中村さんがいたのは事実だけど中村さんじゃない

中村さんは独自に赤崎さん天野さんの研究に追い付いたのが一番の功績
強いていうなら
日亜化学工業の中村さんのいた研究部署が量産化に成功ってとこか

 

 

だから記事に書いてある通りじゃないんだって
中村氏も別アプローチで基礎を作った事で受賞してるんであって
量産化に貢献はしていても量産化の確立は中村氏の実績にするのはちとおかしい

 

 

赤崎・天野両氏の発見は、量産化には結びつかなかったが、原理の発見として重要。
中村氏の発見は、その後の量産化の基礎となった技術として重要。基礎がなければ、建物は立たない。

 

 

だから別に基礎になった事は否定してないって
確立したってのは違うってだけで

 

 

量産化にこぎつけたのは日亜の社員の努力のおかげ、と言いたいんでしょ。それはそのとうりですね。私も、否定していません。でも、中村氏がいなければその努力もできなかったし、技術の確立もなかったでしょ、といってる。
ほかの人の迷惑になるので、これで終わりにします。失礼しました。

 

 

そもそもの主張がよくわからんやつだったな

 

 

中村氏が始めていなければ量産化自体があり得なかったわけですし嘘と言うのは言い過ぎな気がします。
現在, 量産されている手法の元が別の人の発見だったとしても中村氏主導のグループでの成果であれば実績にはなるはずです。
もちろん, 特許や利益分配における貢献度は別の話ですがね。

 

 

昔から物理はまるでダメだったが、
「青の光と黄色の光のミックスで白色光となる」て、これインクだったら間違いなく緑になる。やっぱり物理は無理…。

SONYデジタルペーパーの価格が高すぎると話題にwww

読了までの目安時間:約 11分

 

 

Digital Paperをご紹介しよう。Sonyの最新Eインク式タブレットだ。iPadでもあり、Eリーダーでもあり、おそらく月の石でできているのだろう。価格は1100ドルで5月に米国で発売される。あなたが買うことはないだろうが。

 

13.3インチ、「レターサイズ」のDigital Paperは、一般消費者向けではない。もちろん私のためでもない。Sonyはこれを、膨大な経費予算を持つだまされやすい法律専門家に売ろうとしている。

 

これはメモを取るためのデバイスだ。そのフレキシブルEインクディスプレイは、光学・アクティブ両方のデジタイザー・タッチスクリーンを備え、指およびスタイラスの入力を受け付ける。

 

画面上で直接書類に赤を入れる。ファイルはシェア可能なリポジトリに保存される。

 

大変残念なことにソフトウェアがサポートしているのはPDFだけだ。

 

Sonyこの端末を昨年日本で発売した。発売以来、できることはPDF文書の編集と閲覧だけだ。WordとExcelの文書は変換してこのデバイスで閲覧できる。

 

しかしやはりPDFだ。そして、Digital Readerが指摘しているように、テバイスにメールクライアントはなく、追加のソフトウェアをインストールすることもできない。

 

”What you see is what you get.” だ。

デバイスはWi-Fi、2.8GBのフラッシュストレージ、microSDカードスロット、13.3インチ・フレキシブルEインクディスプレイを内蔵し、解像度は1600×1200。バッテリーは3週間持続する。本体はわずか厚さ6.8 mm、重量358グラム ― これはiPad Airの半分以下だ。

 

Digital Paperは、来たる5月から米国でWorldocを通じて販売される。法律専門家のための文書管理を専門とする米国拠点の企業だ。私は買わないだろう。

 

私は法律専門家ではないし、メモを取るには今後もiPadを使う。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

 

引用元:http://jp.techcrunch.com/2014/03/28/20140327sony-just-launched-the-most-boring-product-in-the-world/

デジタルペーパーが11万円だってwww

いらなすぎwww

 

2万でいいだろ・・・。

 

ちなみに性能はこんな感じ

ワークロードはただライターだ。デジタルペーパーを使って手に力を保持する。

紙に圧倒の世界では、ソニーが動作するように革命的な新しい方法を導入しています。ソニーからデジタルペーパーは、ドキュメント管理ソリューションと連携して、あなたに、共有に注釈を付けると、文書を保存するために力を与える - すべてどこでも持ち運びするのに十分なライトの便利なデバイスから!

紙のトレイルはここで終了。黄色パッド、緩いペーパー、およびファイルフォルダは過去のものである。ソニーのハンドヘルドレターサイズデジタルペーパーを使用すると、簡単かつ安全に、ファイルにアクセスすることや、手書きのメモや注釈付きドキュメントをアップロード、顧客、同僚、および同僚と共有するためのファイルやアーカイブを保存することができます。生産性を向上させ、あなたのマーキングやハイライトが表示され、共有ファイルを経由して他の人と共同作業を効率化。この最上級ツールは、両方の屋内外に簡単読みやすさのために、周囲の光を反射するユーザーフレンドリーな画面で、耐久性のあるポータブル、使いやすいです。デジタルペーパーは、ラップトップやタブレットを理想的に補完します。

ここでデジタルペーパーはとても便利にするものです。

どこからでもファイルを引き上げます。読んで、新しい文書やアーカイブに取り組むシャープ、読みやすいテキストとグラフィックスで、フルレターサイズ、あなたが読むためにスクロールする必要はありませんので。*デジタルペーパーは(フルページレターサイズをレンダリングする13.3 "ディスプレイを持っているPDF形式の8.5 "×11")ドキュメント。

手の書き込みノート。パネル上の流体と直接書き込むだけでなく、簡単にハイライト表示して、テキストを消去するだけでペンのようにスタイラスを使用してください。

、同期、共有、保存します。ファイルは、ドキュメントリポジトリに格納することができるため、同じファイルで作業やアーカイブに文書を保存する必要が同僚と共同作業を行うことができます。

あなたとすべてを取る。デジタルペーパーの耐久性のあるフレームがかさばるファイルフォルダとブリーフケースを交換し、光とポータブルです。

これらのユニークな機能に数える。

薄型軽量

世界最薄、最軽量ボディ**
(約0.26インチ、約12.6オンス)、
の厚さが約
紙30枚。

超読みやすい

高コントラスト反射型ディスプレイ
(1200 x 1600ドット)、
そのテキストは、はっきりと読み取ることができ
、明るい日光の下で。

内蔵のWi-Fiを提供

内蔵の無線LAN®機能が
ファイル共有できるように、
ワイヤレスネットワーク経由で。

バッテリー寿命

ソニーの再充電可能な薄い
リチウムイオン電池- 3までの
回の充電で数週間'を使用します。

ストレージ

ストレージ-約
2,800のPDFファイル
(約1メガバイトずつ)。

SDカードの互換性

4ギガバイトの内部メモリ
用のスロットと相まって
マイクロSDカード。

ペーパーレス道に従ってください。PDFソースファイルに加えて、MSワード®、PowerPointの®、およびExcel®のファイルは、保存された後、PDF形式に変換され表示され、デジタルペーパーに注釈を付けることができます。迅速な検索および転送のために、ソニーのデジタルペーパー、ワイヤレス(Wi-Fiを経由して)サーバへのアクセスだけでなく、USB接続が組み込まれています。

あなたはビジネスのやり方を再書き込み。

デジタルペーパーは、法律、政府、教育、エンターテイメントの紙集中する環境だけでなく、他の分野の人のための不可欠なサービスを提供しています。クライアントや同僚とのノートの共有、アーカイブのためにファイルを格納しながらデジタルペーパーと、弁護士は、契約書、ホワイトペーパー、および法律を読み、注釈を付けることができます。フィルムやビデオのプロデューサーはスクリプトに注釈を付けるとリビジョンを共有することができます。教育者は学術論文や論文をレビューすることができます。多くの分野での専門家は、コンテンツリポジトリへのワイヤレスアクセスの重要な利点と相まって移植性と柔軟性を提供シンプルで直感的な仕事の経験を持っています。

 

引用元:http://pro.sony.com/bbsc/ssr/show-digitalpaper/resource.solutions.bbsccms-assets-show-digitalpaper-digitalpaper.shtml?PID=I:digitalpaper:digitalpaper

 

日本のアマゾンでも買えます。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_0_9?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC+sony&sprefix=%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC+%2Caps%2C324

 

2014y03m29d_083633572

 

\110,187wwww

 

レビューを見てみます。

 

2014y03m29d_083821816

 

レビューは良かったw

 

結局の所ニッチ商品なんだろーなぁ・・・。

 

だから高いのか・・・。

これどう見ても中小企業が作るような製品だろう・・・。

 

世界のSONYが作るものなのだろうか?

 

ソニー:13.3型デジタルペーパー端末のデモ動画(Sony Digital Paper)

 

Stream

takedamix
10 か月前

これいいな...久々にSONY製品で欲しいと思った。値段さえ妥当なら買いますね。

takoyakinext
10 か月前

これで値段が安ければ...かいです

Newtonlove
10 か月前

応答性と値段かな、問題は。

gera pu
10 か月前

enchantMOONキラーになるな

大希 田中
5 か月前

絶対に買う

 

Youtubeのレビューも良いなぁ

 

意外と買いなのかも?

完全に価格破壊!キャノン家庭用プリンター最安値レビューまとめ

読了までの目安時間:約 4分

キヤノンのプリンタ『PIXUS』シリーズはライバルであるEPSONと並ぶくらい品質が良いことでも有名である。しかしプリンタは高い物だと1万円以上が当たり前。最近になり安くなってきたものの、それでも安いとは言えない部類である。

そんな中「プリンタは印刷できればいいや」という画質にこだわらない人もいるはず。そんな人の為のプリンタを紹介。

引用元:http://getnews.jp/archives/526068

and_52606859026a096c29110164bf968a86bdfab8

 

価格.comのレビューでは

総合満足度3.95

満足度ランキング19位

デザイン3.99
印刷速度3.64
印刷速度の速さ

解像度3.70
印刷の精細さ

静音性2.84

ドライバ3.92

付属ソフト3.69

印刷コスト3.01

サイズ3.83

2014年3月9日現在:最安値価格3778円

 

コメントを見てみても、ほぼ良い評価しかない模様

金額の割には、規格外の印刷用紙がいろいろと使用でき、印刷用紙が後ろから前に出るタイプで用紙に癖がつかないので良いです。

概ね、皆様の言うとおりです。
とにかく安い。そのくせに印刷が早い(ただし、EPSON PM 890A 比)
あたりまえのことですが、買ったらきっちり位置調整をしないと、
買ったばかりのときには相当印刷がずれます。
調整後は快適なので、この点は評価には含んでいません。
あと、リビングで使うことを想定していたので、薄いことをポイントとして
重んじていたんですが、これより薄いものだととても高くなっていますので
ビックカメラの宣伝看板の影に隠されてひっそりと売られた本機を購入しました。
単機能でいい。白黒文字印刷がほとんど、ハードユースではなく、
たまに使う程度という方にはベスト・バイかと。

 

単語カード印刷機として購入した。
もちろんA4でもプリントするが。
いろはほとんど黒で一部赤を使う程度です。
音はうるさいが、印刷機能・性能(綺麗さ、速度、顔料インクによる耐水性)
は非常に良いレベルです。
以前、キャノンのインクジェットを購入したが、ノズルが詰まってダメになったことがあった。
その点、この機種はインク交換ごとにノズルが新品になる。
そういう点は心強い。
割り切ったつくりであるが、ちゃちなスキャナがついて高くなるよりはずっとよい。
価格を考えるとよい製品だと思う。
純正インクが高すぎるのが問題だ。2000円が500円ぐらいなら許せるのだが。
まだ互換インクや詰め替えを試していないので、そのうち試してみたい。

 

写真印刷は物足りないが、文章印刷は問題なく大満足

といったコメントが多くあり、プリンターとして十分機能しているようである。

引用元:http://review.kakaku.com/review/K0000091668/#tab

 

カテゴリ
カレンダー
2017年3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リンク集
RSS
eCruiserに追加
タグクラウド