独り言ニュース » NEWS » 黒田博樹に出来てダルビッシュに出来ていないこと

黒田博樹に出来てダルビッシュに出来ていないこと

読了までの目安時間:約 12分


黒田は大リーグ通算200試合登板に到達

 ヤンキースの黒田博樹投手(39)が20日(日本時間21日)、本拠地のあるニューヨークでレッズ戦に後半戦初先発し、6回3分の2を3安打1失点(自責0点)に抑えた。降板後に救援投手が同点に追いつかれたため、今季7勝目(6敗)は逃したが、地元紙ニューズ・デーは「黒田博樹がとても重要なヤンキー(ヤンキースの一員の意味)になった」との見出しで、右腕の存在感が増している様子を伝えた。チームは3-2でサヨナラ勝ちを収め、3連勝をマークした。

 黒田はこの試合で、大リーグ通算200試合登板に到達。節目の登板を自ら祝うように、立ち上がりの1回を3者三振で滑り出した。何より、レッズのエース右腕クエトに投げ勝ち、力強さを示したことは周囲に安心感を与えた。同紙は4安打の活躍を見せたエルズベリーが黒田を「今日の試合のスター」に挙げていた点を取りあげ、ジラルディ監督も「彼はすばらしい仕事をした」と絶賛するなど、故障者が続出する先発陣で黒田の存在感が増している様子を伝えた。

 チームは、開幕から先発ローテーションにとどまっているのが投手陣最年長の黒田だけという状況。スポーツ専門局ESPN(電子版)はジラルディ監督の「彼がどれほどしっかりと準備を整えているかが分かる」というコメントを紹介。「黒田が健康にマウンドを守っているのが何より心強い」と評価した。

 好投しながら勝ち星がつかなかったのが残念だが、これは過去に何度も見られた光景。大リーグ通算74勝76敗、防御率3・45という数字が示すように、黒田の安定感は数字にすべて表れていない。それでも黙々と投げ続け、3年連続200イニングをクリアしてきた。年間通して先発マウンドを守り抜く右腕の姿勢が、意外な形で浮き彫りになっている。

 

選手としての特徴

通算500イニング以上の両リーグの現役先発投手中8位となる通算与四球率2.06と安定した制球力を誇り、スリークォーターから平均球速92.0mph(約148.1km/h)、最速157km/hを計測した速球(高速シンカー、フォーシーム)と平均球速約87mph(約140km/h)のフォークスプリッター)、平均球速約84mph(約135km/h)のスライダーを武器にする本格派右腕で、稀にカーブカットボールも投げ分ける[85][86]。中でもスライダーとフォークはメジャーでも高い評価を得ており[87]、特にフォークはダン・ヘイレンのスプリッターと共に「現役最高のスプリッター」と評されている[88]

メジャー移籍前後で投球スタイルを変えており、広島時代にはフォーシームを主体としていたが、ドジャースに移籍する数年前から「ツーシーム系を内に、スライダー系を外に、フォークで高低をつける。打者が狙っている球を投げ、打たせて取ることが理想」という理想図を描き、移籍後はフォーシームをほとんど投げずツーシーム系主体の投球となった[89]。そのため広島時代に投げていた最速150km/hを越えることもあるシュートを、右打者の膝元に沈ませる速球・シンカーに進化させたという[5]。その他、スライダーに関しても2008年のシーズン序盤に痛打を浴びる事が多かったために握りを変えたという[90]

広島時代には完投数リーグ1位の年が6度もあるタフネスぶりから「ミスター完投」の異名を持った一方で[91]、完封数は年に1回程度。11年間で74完投を記録したが、完封に関しては14回に留まった。黒田自身も完投にこだわりを持っていたが、メジャーでプレーするようになってからは「いくら1試合を完封しても、次の登板でノックアウトを喫してしまってはチームにとって意味がない。それよりも7回、7回を連続してきっちり投げた方がチームへの貢献度が高くなる。この場所で完投にこだわることは自己満足に過ぎない」と思うようになったという[5]

OBからの評価も高く、江川卓は自著で「調子がいい時の彼のストレートは、ど真ん中に放っても打たれない」、中日ドラゴンズ監督だった落合博満は「今日(2006年7月2日、3安打完封)の黒田は俺が現役の時でも打てない。だからうちの選手が打てる訳がない」と絶賛された[92]

フィールディングの評価も高く、2008年には35のアシストを記録した[85]。1999年の甲子園での阪神戦では満塁で決勝のセーフティバントを成功させたことがある一方、打撃は苦手で連続無安打の記録を作ったこともあり、2010年に開幕から39打席無安打を続けた際には地元紙から「いくらピッチャーでもひどい」と言われた[93]

上記のように高い評価を得る一方で、好投した試合での打線の援護に恵まれないことで有名であり[94]、先述した通りドジャース時代には毎年のように好投しながらも援護に恵まれず、監督のジョー・トーリからも同情されていた他、ESPNからも「援護が少なく、勝利数が伸びなかったため過小評価されている」と指摘され、2006年の広島時代には最優秀防御率でありながら援護率で最下位を記録している[95]。ヤンキース移籍後も他のローテーションピッチャーと比べて好投した試合での援護が著しく少なく、メディアから「黒田は弁護士を雇ってチームメイトを無援護で訴えるべきだ」と書かれたこともあった[96]

 

世間の反応

派手さはないけど年間トータルで 考えると毎年安定している

 

 

今年200イニング到達したら4年連続か。ダルあたりが抜かすかもしれんけど、黒田の凄さは高年齢でそれを達成するかもってとこだな

 

 

今年も200イニング突破してほしい
勝ち星は貧打線と今後も中継ぎに幾つか勝ちを消されるだろうから9勝止まりくらいになりそう

 

 

衣笠以来の鉄人だと思う

 

 

試合を作れるピッチャーだよな!

 

黒田投手すごいですねぇ・・・。

黒田に出来ていてダルビッシュにできていないこと

というのを述べている人がいたので、ご紹介します。

 

黒田に出来ていてダルビッシュにできていないこと

黒田に出来ていてダルビッシュにできていないことは沢山有ります。

(1)制球力(コントロール)
メジャーの投手は球のスピードが速い選手が数多くいます、150kの球を投げる選手なんてマイナーリーグにもゴロゴロいるくらいです。
メジャーのバッターの適応能力、フィジカル、選球眼は大変高く早いだけの球なら普通に打ち返します。
そんな中でメジャーの投手がバッターを抑える事が出来ているのは球種を工夫をしたり、制球力を上げているからです。
投手は基本的にストライクゾーンギリギリのインロー、アウトローは打ちにくいのですから投手が其処を狙っていくのですが、ダルビッシュの場合は精密に狙えるだけのコントロールが付いていません。
だからバッターに球を見られてボールカウントが悪くなっています。


(2)投球術
メジャーの投手は球種も工夫しており、直球を行かす変化球、その変化球を生かすための変化球と必ず投球術として組み合わせれるようにしています。これにはメリットがあり、直球が調子悪い日は別の球で投球を組み立てできるという事です。
ダルビッシュの場合は直球が悪い日でも直球で勝負してます。折角の球種を利用した投球術が確立できていません。多分、コントロールに自信が無いが上での配給なのでしょうが、その為に一つの球が悪い時は全てが悪くなってしまっています。


(3)日米のバッターの質
日本でのダルビッシュが三振を取れていたのはストライクゾーンからボールゾーンに逃げる変化球が日本で有効だったからです。
ところがメジャーでは選球眼がよく、球筋をじっくりと見るので同じ球を振ってくれません。その為にボールカウントが悪化しています。
これの改善方法はストライクゾーンの中に変化球を投げてストライクを捥ぎ取る事です。早い話が積極的にストライクゾーンにボールを入れるしかないのです。だけどダルビッシュは打たれるのが怖いのか、変化球をゾーンギリギリの場所に投げるコントロールが無いのか出来ていません。これでは変化球が怖さが半減してしまいます。


(4)練習内容(肉体のケア)
昔、黒田自身がコメントで述べていたのですが、メジャーでは登板前日の投球練習などでは積極的に投げ込まないらしいです。
その理由は中4日や急な登板が多いメジャーで投げ込む練習を多くやるのは体が持たないし、故障の原因になるためらしいです。
松坂やダルビッシュは前日に完璧な登板をしようと調整として投げ込みを行っていますから、肉体的なケアが出来ていないと思います。
黒田が言うには実践で出来る保障がない100%投球よりも、必ず出来る肉体ケアを優先するらしいです。


もちろん黒田も全部が最初から出来たわけではありません。
でも、黒田は僅か1年の間に上記の事に気付き、適応していきました。
渡米後に一番最初にやった事は向こうの練習方法や調整方法をそのまま取り入れ。
制球力に関しても向こうに合わせ制球重視で力を抜いて投げるようにし。
ストライクゾーンに積極投げないと勝てないことを感じれば、ストライクゾーンに積極的に投げるようにし。
一種類の球種を主にした投球術ではその球種が悪い日に勝てないと思い、調子が悪い日でも他の球種で試合を組み立てられるように球種や投球術を磨き上げました。

僅か1年の間に上記の事に気付き、適応していった適応力と年々磨いている技術は驚愕します。
また、自らの過ちを認めたうえで良いものを取り込んで行った謙虚心は他のメジャー日本人投手には中々見られない物だと思います。

結論を言わせてもらいますと日本とメジャーでの黒田は全然違います。比べるのが間違っています。
黒田とダルビッシュとの違いは自己の問題点を分析する自己分析能力、適応能力、良いものを取り込む謙虚心ではないかと思います。


<追記>
ちなみに当時巨人ファンだった自分的にもあの時代の広島市民球場は地獄でした。札幌ドームとは比べるのはおこがましいのは間違いありません
他球場でフライがホームランになるのは当然です。
しかも、球がよく飛ぶ物でしたから投手は地獄だったと思います。
当時の広島は投手の球数が制限されていましたから、広島の投手はうまく適合してゴロを打たせる、積極的にストライクを取っていくなど球数を減らすように頑張っていました。
広島カープ産のメジャー投手(黒田博樹、コルビー・ルイス、ラモン・ラミレス)が通用しているのはこの地獄の経験があるからかもしれません。

<追記2>
今日のダルビッシュの投球を見ると上記の課題をクリアできていました。
初対決の相手だとしても少し驚きました。
中7日でこれだけ良くなったとすると肉体のケア(練習、調整方法)に問題があるように思えます。
今後は中4日でどれだけ調子を維持できるか非常に楽しみです。

 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール
名前:ぺんぎんオカダ
性別:男
HTML、CSS、PHP初心者。
経済好き、美女好き
カテゴリ
アーカイブ
2017年9月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
タグクラウド